CBCDGについて

中央銀行偽造防止グループ(Central Bank Counterfeit Deterrence Group <CBCDG>)は、G10諸国の中央銀行総裁の要請により組織された、32の中央銀行ならびに銀行券印刷当局によって構成されるグループです。その役割は、銀行券のセキュリティにとって共通の脅威となるものについて研究し、銀行券発行当局が実施すべき解決策を提示することです。

CBCDGは、デジタル機器を使用した通貨偽造を防止する技術をサポートし、普及させています。

次の31カ国から、32の中央銀行がCBCDGに参加しています。オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、カナダ、キプロス、チェコ、エストニア、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、日本、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ、英国、アメリカ合衆国。さらに、欧州中央銀行も参加しています。

G10諸国の中央銀行総裁は、以下の11カ国の中央銀行を代表しています。ベルギー、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、オランダ、スウェーデン、スイス、英国、アメリカ合衆国。